千葉県|流山セントラルパークでフィラリア予防できる動物病院

【無料の企業PR広告】
■該当件数3件 | 1 | 2 | 3 | 次へ>
TOP > 千葉県 > あんなかどうぶつ病院<千葉県流山市の動物病院>

流山セントラルパークでフィラリア予防できる動物病院


フィラリア症は薬を飲めば予防ができます。


犬に寄生するフィラリアで日本でよく知られている種類は、犬糸状虫です。
犬糸状虫の成熟虫は右心室や肺動脈内で血液中に寄生し、平均体長は雌28cm、雄15cmで、乳白色の細長いそうめん状の形をした虫です。


フィラリアに寄生しているかどうかを調べ、もし寄生しているのならばその進行具合を確認し、適切な対応をする必要があります。


寄生しているかを調べるには血液検査によって血液中の子虫の検出を行ないます。
しかし子虫が検出できないのに成熟虫か寄生していることもあるので、 ほかに心電図、心・肺のX線検査、一般所見なども合わせて 総合的に診断が行なわれます。


なので、必ず動物病院で獣医師による正確な診断を受けましょう。
そして、獣医師から処方される薬を、毎月必ず定期的に投与して下さい。

流山セントラルパークからのアクセスが良いあんなかどうぶつ病院でもフィラリア予防薬を取り扱っています。

詳しくはホームページに載っていますので、ご覧下さい♪
お問い合わせもお待ちしております!